Loading

LASHICUの読み物/BLOG

陰陽と中庸の意味を知ってますか?体を温める食べ物・冷やす食べ物。

1.食べ物の陰陽(いんよう)とは?

食べ物には炭水化物、たんぱく質、脂質といった三大栄養素があります。
加えて、ビタミン、ミネラル等の微量要素や、抗酸化物質など、体を作り健康に保つための物質がたくさん含まれています。
血液や細胞、骨を作るうえで、どれも大切な働きをします。

でも、食べ物が持つ力はそれだけではありません。
栄養学や栄養分析からは見えてこない不思議な力があり、その代表的なものが「陰」と「陽」のパワーです。

陰陽とは簡単に説明すると下記のことです。
・陰:緩めたり冷やしたりする力
・陽:締めたり温めたりする力

食べ物には細胞や血管・臓器を緩めたり締めたりする働きや、体を冷やしたり温めたりする作用があるのです。

緩めて冷やす作用が強いもの=陰性の食べ物
締めて温める作用が強いもの=陽性の食べ物
となります。

2.陰陽でもない中庸(ちゅうよう)のこと

食べ物は陰性・陽性・中庸(ちゅうよう)に分かれます。

夏に採れるなすやきゅうり、スイカ、トマトは、陰性の食べ物。
細胞を緩めて体を冷やしてくれます。
夏にスイカを食べるとみずみずしい美味しさと、体がすっと冷めていくのを感じますよね。
熱帯地方の産物である砂糖やコーヒー、スパイス類も陰性の働きです。

一方、秋から冬に採れる根菜類やお肉は、陽性の食べ物。
体を温める食材です。
北方で野菜が採れない厳しい土地で暮らす人たちは、主にお肉が主食ですね。

そして、陰と陽の中間に位置する中庸の食べ物があります。
お米や小麦などの穀物がその代表。
毎日食べる主食として、体の基礎をしっかりと固めてくれます。

このように、食べ物はそれぞれに、温める、冷やす、締める、緩める、中庸を保つ、といった性質があります。
このことを知っておくと、毎日の生活が楽に生きられますよ。
食べ物の陰陽表を下記に掲載するので、参考にしてみてください。


図解参照:日本CI協会の食物の陰陽表HPより

例えば、熱がある、お腹をこわした、など体の調子が悪いとき。
「具合が悪い」ということは、体が陰か陽に偏っている証拠です。
そんなときは、その反対の作用を持つ食べ物を食べて、体のバランスを中庸に戻してあげましょう。

3.本当の健康とは?

健康な状態とは、体が陰にも陽にも偏っていない状態。
つまり、中庸のバランスを保っている状態です。

現代人は、陰性過多、陽性過多、または陰陽の両極端を併せ持っている体質の人がほとんどです。

主食が中庸の穀物(日本人であれば精製割合が低いお米)ではなく、お肉だけ、パンばかり、サラダだけなど、極端な食事をしていませんか?
甘いものばかり、ついつい食べて過ぎていませんか?

生活習慣病という呼び名のとおり、毎日の食が日々の健康を作っています。
自然のリズムに沿った、命溢れる食を食べましょう。

日本人の伝統食は、ご飯・味噌汁・漬物・一菜です。
旬の時期に採れた旬の地の食材を、ご飯と味噌汁を中心に据えて食べれば、自然に体は中庸=バランスが取れてきますよ。

高価な人工的に作られたサプリメントにお金を出す前に、無農薬・無化学肥料で丁寧に作られたお米を農家さんから買ってください。
そのほうが遥かに健康的で、そして豊かな持続可能な社会の維持にも繋がりますよ。

ひとりでも多くの方が、枝葉の情報に振り回されない、本質的な生き方のきっかけとなってくだされば幸いです!


LASHICU/らしくは九州産のオーガニック製品を扱っています。
使い手の方が増えれば増えるほど
自然にも人にも優しい生き方が広がります。

使い手(お客さま)よし
作り手(生産者)よし
伝え手(LASHICU)よし
社会(地域社会と地球環境)よし
「四方よし」の循環型商品です。
応援のほど、よろしくお願いいたします!

Amazonでのお買い物

公式ショップでのお買い物

川本 将登LASHICU共同代表

投稿者プロフィール

東京生まれ東京育ちの熊本県民。
休日は仲間と田んぼや畑、アウトドアを楽しむ。

柴犬と自然をこよなく愛する31歳。
熊本城下町の自宅で、夫婦でぬか床を毎日かき回しています。

趣味:テニス、田んぼ・畑、山、朝活、食べる事
特技:早寝早起き、嫌いな食べ物がないこと

こちらも併せてお読みください!!
>>https://lashicu.com/lashicu-my-mission
(「僕がLASHICUを始めたわけ。)

身土不二と一物全体とは?健康的に生きていくためにとても大切な考え方のこと。

ほん和香ヨガで心も身体もほん和香に。

関連記事

  1. 砂糖の害の恐ろしさ知っていますか?砂糖を無理なくやめる方法や健康におすすめの砂糖…

    2018.10.03
  2. 「まごわやさしい」って知ってますか?病気知らずの和食の素晴らしさ

    2018.09.26
  3. 野菜の陰陽の簡単な見分け方とは?意外に知らない体を冷やす野菜・温める野菜。

    2018.11.13
  4. 硝酸態窒素(硝酸性窒素)の怖さを知ってますか?過剰な肥料が及ぼす影響と危険な野菜…

    2018.08.10
  5. 「味噌もどき」の作られ方 毎日飲んでいるそのみそ汁、大丈夫?

    2018.09.06
  6. 身体を腸から温め内から綺麗に!究極のデトックス飲料 ほん和香珈琲(玄米コーヒー・…

    2018.07.25

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

メルマガ登録

アーカイブ

follow us in feedly

LINE@友だち追加

PAGE TOP