Loading

LASHICUの読み物/BLOG

風邪を引いたときに大切なこと。解熱剤を飲む、しっかり食べるは逆効果?

1.熱を無理に下げない

風邪を引いたとき、みなさんはどうしていますか?
「薬を飲んで早く熱を下げなきゃ」「体力をつけるために、無理にでも食べなきゃ」と思っていませんか?

実はそれらの行為は、風邪を治すことをますます遅くしてしまいます。

風邪をひいて熱を出すのは、体内のばい菌や余分の熱を出し切りたいという体の防御反応。
それを薬で無理に抑えてしまうと、体の自然治癒力を抑え込むことになってしまいます。

体内の熱をあげることで、体の免疫力を活性化させ、ばい菌の活動を弱らせています。
にも関わらず薬で不自然に熱を下げてしまうのは、逆効果です。

僕自身、5年ほど前に風邪をひいて39度の熱を出したときに、「苦しいから」と思い処方された解熱剤を飲みました。
飲んだ瞬間は、一気に熱が下がり、まるで治ったかの様な錯覚に陥りました。
ちょっとした散歩にも行けるほど楽になりました。
でも、しばらくするとまた熱が上がってきて、またぶり返しました。

結局は治していないんですよね。
薬で熱を抑え込んでいるだけなんです。

風邪のばい菌は変わらず体内にいるので、解熱剤が切れたら体はまた熱を上げてばい菌と戦おうとします。
それが自然の防衛反応なんです。

風邪を引いたら解熱剤などに頼らず、おとなしく寝る。
それが一番です。

2.食べないことの大切さ

「食べない」ことも大切です。

「体力をつけるために無理にでも食べる」と、体は消化活動にエネルギーを取られてしまいます。
栄養失調の人ならともかく、現代人の私たちは2.3日くらい食べなくても何ら問題ありません。

風邪をひいて熱があがると、食欲が落ちるのは自然なこと。
体が「余分なものを食べないでー」とサインを出しているのです。

快方に向かえば、自然と食欲は回復します。
「お腹が減ったら食べる」という本来の食べ方をしましょう。

3.飽食が招いた病気

人類の歴史上、「栄養が足りない」ことから起こる病気・症状がほとんどでした。

でも、現代は飽食の時代。
「食べ過ぎ」から起こる病気ばかりです。

ガン、糖尿病、メタボリックシンドローム、低体温症、自律神経失調症、花粉症・・・
様々な慢性症状や体の異常に悩む人が、年々増加しています。

多すぎる動物性食品(たんぱく質や糖質)、白砂糖を使ったお菓子(糖質)、ファーストフードなどのジャンクフード、コンビニ食・ホカ弁などの工業化された食品、加えて1年に一人当たり4kgも摂り込んでいると言われる食品添加物・・・
体がそれらの不自然な食べ物を処理しきれずに、悲鳴を上げています。

体は食べるものでできています。
食生活に乱れがあるから、体にも乱れ=異常=病気が表れるのです。

真の健康のためには「何かを入れる、足す」のではなく、「余計なものを入れない、引く」という考えです。

1977年にアメリカで発表され日本食普及のきっかけを作った「マクガバン・レポート」という報告書には、「伝統的な日本食のバランスは健康にとって理想的である」と結論付けています。

日本人は、お米・味噌汁・一菜を中心とした粗食で、古来よりずっと健康的に暮らしてきました。
健康のためにあれこれ栄養学に囚われ、頭でっかちで食べるのはナンセンスです。
玄米か分搗き米・雑穀米と具たくさんの味噌汁、そこに旬の野菜や魚の一品とお漬物があれば十分です。

シンプルにいきましょう。
毎日が楽しく、豊かになりますよ。


LASHICU/らしくは九州産のオーガニック製品を扱っています。
使い手の方が増えれば増えるほど
自然にも人にも優しい生き方が広がります。

使い手(お客さま)よし
作り手(生産者)よし
伝え手(LASHICU)よし
社会(地域社会と地球環境)よし
「四方よし」の循環型商品です。
応援のほど、よろしくお願いいたします!

Amazonでのお買い物はこちら

公式ショップでのお買い物はこちら

川本 将登LASHICU共同代表

投稿者プロフィール

東京生まれ東京育ちの熊本県民。
休日は仲間と田んぼや畑、アウトドアを楽しむ。

柴犬と自然をこよなく愛する31歳。
熊本城下町の自宅で、夫婦でぬか床を毎日かき回しています。

趣味:テニス、田んぼ・畑、山、朝活、食べる事
特技:早寝早起き、嫌いな食べ物がないこと

こちらも併せてお読みください!!
>>https://lashicu.com/lashicu-my-mission
(「僕がLASHICUを始めたわけ。)

野菜の陰陽の簡単な見分け方とは?意外に知らない体を冷やす野菜・温める野菜。

日光浴の大切さと食の工業化の話。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

メルマガ登録

アーカイブ

follow us in feedly

LINE@友だち追加

PAGE TOP