Loading

LASHICUの読み物/BLOG

カタカナ主食に要注意!!マヨケソの砂糖と油が子どもを蝕む。

1.カタカナ主食の増加

食パン、菓子パン、スパゲッティ、ナポリタン、ピザ、サンドイッチ、シリアル、ハンバーガー、ホットドック、ホットケーキ、パンケーキ・・・

子供が大好きな主食ほど、カタカナのものが多いですよね。

今、日本の食にはカタカナ主食がどんどん増加しています。

例えば、体に良さそうなイメージのシリアル。
毎朝、朝食で牛乳、ヨーグルト、フルーツと共に食卓に並ぶ家庭も多いのはないでしょうか?

確かに謳い文句は素敵です。
「これだけで必要栄養素を簡単に手軽に摂れます!」
忙しくて朝から料理ができない日はもってこいです。

でも、原材料欄を見てください。
「トウモロコシ、砂糖、小麦粉、乾燥果実」など、最初のほうは読んですぐに食品だと分かる名前が並んでいます。
が、途中から「グリセリン、クエン酸鉄Na、酸味料、乳化剤、酸化防止剤、ナイアシン・・・」??

どう作られ、どういう役割で添加されているのか?
見てすぐわかる人はほとんどいないのでないでしょうか。

まだシリアルならば可愛いもの。
これが今や「一本で一日分の栄養補給」といったバーやドリンクタイプの栄養食品になっています。

原材料表示には、膨大の量の食品添加物とカタカナが記載されています。
もはや食品ではなく「工業製品」です。

コンビニやスーパー、学食や病院の売店まで、あらゆる所に氾濫しています。
これらを食事代わりに食べている大人や子供がとても多い。

栄養分は添加されていますが、原材料は小麦が主成分。
要はただのクッキーです。
しかも、小麦は質の悪い外国産の輸入小麦がほとんど。

日本の伝統食であるお米も味噌汁も発酵食品も、そこには一切存在しません。

こういった食事が若いうちから習慣化している子どもたち。
大人になって家庭を持ったとき、日本の伝統的な和食を子どもに伝えていけるのか?
とても大きな危機感を感じます。

2.カタカナ主食にはマヨケソが合う

増殖するカタカナ主食には、マヨケソが合います。
つまり、マヨネーズ、ケチャップ、ソースです。

サンドイッチ、ハンバーガー、アメリカンドッグ、ホットドッグ・・・
パン食に合う卵料理、サラダなどもマヨケソをかけると子どもがより喜びますよね。

一方、ご飯の場合は、塩、味噌、醤油の方が相性がいいです。
マヨケソに比べるとかなり地味です。。笑
その分、マヨケソのように何にでも大量につけて病みつけになる、という心配もありません。

マヨケソが問題なのは、
・砂糖が含まれていること
・油と一緒に調理することが多い
ということです。

マヨケソは手作りすれば砂糖など入れなくても美味しくできますが、市販のを買うとほとんど入っています。
ケチャップにはよく「果糖ぶとう糖液糖」と書かれたトウモロコシ原料の砂糖が入っています。
トウモロコシの原料はほとんどが遺伝子組み換えで作られた外国産です。

ソースとケチャップには普通、油は入っていません。
ただ、ソースやケチャップを使った料理には、油を多く使う料理が多い。

子どもが大好きナポリタン。
パスタを油でいため、たっぷりのケチャップで味付けをしますね。

屋台の定番料理である焼きそば。
油で麺を炒め、ソースを加え、マヨネーズたっぷり。
コロッケも油で揚げ、ソースをかけます。

ナポリタン、焼きそば、コロッケの味が好きという訳でなく、ソースやケチャップの味に虜になっているのです。

「マヨラー」という言葉が昔流行りましたが、砂糖が入った味の濃いマヨケソは中毒性があります。

マヨケソは、本来の日本の伝統食にはなかった調味料。
当然、それらを使う料理もカタカナ主食になってしまいます。

3.一汁一菜のすすめ

食とは「人を良くする」と書きます。
人の体は毎日食べるもので作れています。
当たり前のことです。

日本人は古来よりお米と味噌汁、旬の野菜・魚・少量の肉を使った一品、漬物というシンプルな食で命を繋いできました。

確かにカタカナ主食は子どもも喜びますし、分かりやすい美味しさ。
中毒性もあるのでついつい作る機会が増えてしまうと思います。

でも、身体を作るのは毎日の食です。
なるべく、毎日お米を炊いて、味噌汁を作る。
そういった日本の伝統食である一汁一菜を心がけましょう。


LASHICU/らしくは九州産のオーガニック製品を扱っています。
使い手の方が増えれば増えるほど
自然にも人にも優しい生き方が広がります。

使い手(お客さま)よし
作り手(生産者)よし
伝え手(LASHICU)よし
社会(地域社会と地球環境)よし
「四方よし」の循環型商品です。
応援のほど、よろしくお願いいたします!

Amazonでのお買い物はこちら

公式ショップでのお買い物はこちら

川本 将登LASHICU共同代表

投稿者プロフィール

東京生まれ東京育ちの熊本県民。
休日は仲間と田んぼや畑、アウトドアを楽しむ。

柴犬と自然をこよなく愛する31歳。
熊本城下町の自宅で、夫婦でぬか床を毎日かき回しています。

趣味:テニス、田んぼ・畑、山、朝活、食べる事
特技:早寝早起き、嫌いな食べ物がないこと

こちらも併せてお読みください!!
>>https://lashicu.com/lashicu-my-mission
(「僕がLASHICUを始めたわけ。)

今日からできる!食生活を簡単に改善する10カ条。

自然栽培米を使って餅つきをしました!!

関連記事

  1. 食のドラック化が進んでいる!砂糖よりも恐ろしい異性化糖(果糖ブドウ糖液糖)の害や…

    2019.01.11
  2. 陰陽と中庸の意味を知ってますか?体を温める食べ物・冷やす食べ物。

    2018.11.09
  3. 種(タネ)が危ない F1種の種子消毒・雄性不稔、そして遺伝組み換えの問題とは?

    2018.08.15
  4. 硝酸態窒素(硝酸性窒素)の怖さを知ってますか?過剰な肥料が及ぼす影響と危険な野菜…

    2018.08.10
  5. 農薬まみれはどこの国?国産の野菜は本当は危ない。

    2018.08.01
  6. 「味噌もどき」の作られ方 毎日飲んでいるそのみそ汁、大丈夫?

    2018.09.06

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

メルマガ登録

アーカイブ

follow us in feedly

LINE@友だち追加

PAGE TOP