Loading

LASHICUの読み物/BLOG

体に良い油、摂ってますか? 健康に良い本物の油の見分け方・サラダ油の危険性とトランス脂肪酸の恐ろしさ

1.脂質の役割

体に良い脂質、摂ってますか?
ただの脂質じゃないですよ。
体に良い、「質の良い脂質」です。

「脂質=悪」と捉えがちな人は多いかと思います。
確かに、脂質は「太る」「血液ドロドロにする」「ダイエットの敵」と思いがち。

でも、ちょっと待ってください。

脂質(脂肪)とは、
糖質、たんぱく質ともに3大栄養素の一つ。

脂質には、
エネルギーの貯蔵
細胞膜の構成
などの役割があります。

それ以外にも
ホルモン・胆汁酸・ビタミンの原料になる
血管の保護・免疫や炎症を調整する
などの機能もあります。

このように
脂質は体にとっても重要

質の良い脂質を摂ることは、
健康にとって、とても大切なことなんです。

でも、多く人は「質の良い脂質」が不足している状態です。
ダイエットのために
脂質を無理に制限していることもあります。

「肉や油は太る~」とか言いながら。。。

確かに質の悪い油やお肉には、
「質の悪い脂質」が含まれています。

そういったものは
積極的に摂らない方がいいでしょう。

ただ、健康のためには「質の良い油」に含まれる脂質を
バランスよく摂る必要があります。

そのためには、普段の料理で使う油には
質の良いものが欠かせません。

では、「質の良い油」ってどんな油でしょうか?

2.油の種類

一口に油といってもその種類はさまざま。

「質の良い油」
「質の悪い油」
を見分けるポイントの一つに
脂質の主成分である「脂肪酸」があります。

脂肪酸は、大きく「飽和脂肪酸」と「不飽和脂肪酸」に分けられます。

「飽和脂肪酸」は、常温で固体。
動物性食品やパーム油に多く含まれています。
バター、乳製品、ラードなどが代表的です。

「不飽和脂肪酸」は常温で液体。
植物性食品(植物油)に多く含まれ、次の3つに分かれます。

ω(オメガ)-9系

生活習慣病の予防効果が期待されている
脂肪酸の一つであるオレイン酸などが主。

オリーブオイルやなたね油に多く含まれます。
加熱料理に向いています。
少量のみとればいいでしょう。

ω-6系

人の体内でつくることができない
必須脂肪酸のリノール酸が代表的な脂肪酸。
血中のコレステロール濃度を下げると言われています。

コーン油、大豆油などのほとんどの植物油に含まれます。
普通に手料理をしていれば、必要量は摂れます。

ω-3系

代表的な脂肪酸としてはα-リノレン酸。
人の体内でつくることができない、必須脂肪酸のひとつです。
α-リノレン酸は、体内に入ったあと代謝され
EPA(エイコサペンタエン酸)、DHA(ドコサヘキサエン酸)となります。

現代の食生活ではなかなか必要量摂ることが難しいので、意識して多く摂りましょう。
えごま油や亜麻仁油、青魚に多く含まれます。

不飽和脂肪酸で重要なことは
ω-6系とω-3系のバランスです。

ほとんどの植物油などのω-6系は
からだの炎症
アレルギー反応
などを促進します。

血管を詰まりやすくし、
心筋梗塞や脳梗塞、がんなどを起こしやすくします。

ω-3系は、逆に炎症やアレルギー反応をしずめ
血管が詰まりにくい状態にします。

これだけ聞くと、ω-6系は悪いだけの印象を受けますね。
でもそうではありません。

ω-6系が働かないと
感染に対して炎症を起こして治す力が働きませんし
少しの傷で出血が止まらなくなります。

それぞれにちゃんと役割があるんですね。
どちらが、良い・悪いではなく
あくまでバランスが大切。

理想的な摂取割合は
ω-3系:ω-6系=3:1
とされています。

現代の日本人は圧倒的にω-6系が過剰な状態。
ω-3系は極端に不足しています。
(20~40:1)
揚げ物や炒め物、洋食中心の方は特に注意です。

えごま油・亜麻仁油、青魚などに含まれるω-3系を積極的に摂り
ω-6系はなるべく控えましょう。

ただし、えごま油や亜麻仁油はとても酸化しやすいので
加熱料理には向きません。
和え物やサラダのドレッシングなどで摂るのがおすすめです。

3.危険なサラダ油

普段使いの油として、
スーパーで大量に安く売っているサラダ油を使っていませんか?

サラダ油の「サラダ」ってなんだよ!って突っ込みは置いといて、
サラダ油は、はっきり言って「かなり質の悪い油」です。

遺伝子組み換え原料を使用

まず、原料。
サラダ油は指定されている以下の9種類のうち
どれか1つを主原材料としています。

・菜種
・ごま
・綿実
・紅花
・米
・大豆
・とうもろこし
・ひまわり
・落花生

これらの植物油の総称の事を「サラダ油」といいます。

原料のほとんどが、アメリカやカナダ産。
大量の農薬・化学肥料が使われています。
加えて輸送中のカビ等を防ぐポストハーベストも掛かっています。

そして
遺伝子組み換え作物の可能性が非常に高いです。

さらにやっかいなことに
サラダ油や植物油、
サラダ油が使用されるマーガリン、ショートニング、マヨネーズには
「遺伝子組み換え表示義務」がありません。


画像参照:サルでもわかる遺伝子組み換え

つまり
遺伝子組み換え作物が原料であっても
その旨を表示しなくてもいいんです。

なので、多くの方が知らず知らずのうちに
遺伝子組み換え作物の原料でできたサラダ油を
毎日摂取している状況です。

遺伝子組み換え食品は
「ただちに健康に影響はない」
と言われてはいます。

でも、遺伝子を人工的に組み替えることで
予期せぬ遺伝子の変化が起き
発がん性物質などを生み出してしまうことが分かってきています。

遺伝子組み換えの危険性は
こちらの記事でも書いています。
良ければ併せて読んでみてください。

工業製品の様な抽出方法

サラダ油の原料を溶かす際には
「ヘキサン」「ヘプタン」などが使用されます。
石油系の物質で、ガソリンのようなものです。

これらの溶剤を高温で加熱して気化させます。
このとき、これら溶剤が溶け残ってしまう場合があります。

また、この過程で植物原料に含まれていた
栄養素や食物繊維などはほとんど取り除いてしまいます

なぜ、このようなことをするのか?
それは、そのほうが「長期保存」ができるからです。

つまり、サラダ油は
ガソリンのような危険な溶剤で
栄養素をすべて取り除いた
カスみたいなものなんです。

近年では
「サラダ油は何度も高温で処理されているので、
製造過程で脳や細胞を破壊する有害物質が発生しており、
この物質はアルツハイマー病の原因になる」
という事も発表されました。
(参照:食品安全委員会 ファクトシート 平成 16 年 12 月 17 日

サラダ油は名前こそ「サラダ」がついており、
一瞬、「健康に良さそう」と思いがちです。

でも、非常に質の悪い油ですので
なるべく摂らないことを強くおすすめします。

4.もっとも恐ろしいトランス脂肪酸

もっとも摂っていけないのは
自然界に存在しないトランス脂肪酸です。

市販のマーガリンやマヨネーズ、パンやスナック菓子などに入っています。

トランス脂肪酸は
植物油(しかも質の悪いサラダ油など)に人工的に
水素添加して作られた油です。

サラダ油などの植物油は
常温では液体です。
酸化しやすく日持ちもあまりしません。

それでは、マーガリンなど加工食品として使うには都合が悪い!
ということで、出てきたのが「水素添加」という技術です。

これは、液体の植物油に人工的に水素を添加して硬化させ
常温でも固体とし使えるようにするものです。

それにより、
加工や販売に好都合
いつまでも日持ちし流通のうえで好都合
な固形植物油脂ができるわけです。

しかし!
このときに、副産物として生まれるのが
「トランス脂肪酸」です。

トランス脂肪酸は
心疾患やアレルギーだけでなく、
動脈硬化や認知症、免疫機能低下、不妊、アトピーなど
あらゆる健康への悪影響が指摘されています。

アメリカでは、2018年から全面使用禁止
ヨーロッパでも、使用禁止や表示の義務化・厳格化が進んでいます。

一方、日本は?
表示義務すらありません。

日本は
「トランス脂肪酸の平均摂取量がWHOの基準より少ないから」
という理由で規制を設けていません。
完全に野放し状態。

お陰で、トランス脂肪酸が含有している
マーガリン、ショートニングなどが
スーパーで安く大量に売られています。

マーガリン、ショートニングは
コンビニや大手パンメーカー菓子パンや食パン、
お菓子、カップラーメン、インスタント食品、ファーストフードなど
あらゆるところに使用されています。


画像参照:栄養士のつぶやき「トランス脂肪酸って何?」

いつまでもパンを柔らかくしたり
クッキーをサクサクにしてくれたりする便利さが
企業にとって都合が良いんですね。

特に揚げ物はショートニングを混ぜた油で揚げるとカラッと揚がるので
大抵使われています。

「自分はマーガリン、ショートニングを控えているから大丈夫」
と思っていても、ありとあらゆるところに使われているのが現状。

なので、知らず知らずのうちに
トランス脂肪酸を摂り込んでしまっているのです。

ちなみに、サラダ油にもトランス脂肪酸は含まれています。

植物油等の精製の際、
脱臭の過程において生成されてしまうのです。

脱臭工程は、植物種子などから抽出した油脂から、好ましくないニオイ成分を取り除き、食用に適した風味とするために行われる工程です。脱臭の際高い熱をかけるため、一部脂肪酸のシス型からトランス型への構造変化が生じ、トランス脂肪酸が生成します。
出典:日清オイリオ

実際に、HPにもトランス脂肪酸の含有量が公開されています。

微量とはいえ
トランス脂肪酸を含むサラダ油を毎日使用することは危険です。
サラダ油は、極力使用することを控えるのをお勧めします。

5.油は原料・製造方法にこだわる

では、普段の油はどういったものを使えばいいでしょう?

大切なのは原料の質と油を搾る方法です。

原料は
国産で遺伝子組み換えでないもの
できれば、
農薬・化学肥料を使用していないオーガニックなもの
が好ましいです。

製造の過程でも薬剤や溶剤を使用せず、
昔ながらの低温・圧搾法で作られた本物の油が理想です。

本物の油は、スーパーのサラダ油に比べて
2倍~3倍以上の価格がするかと思います。

ですが、本物の油は体にも自然にも優しく何より美味しいです。
また、貴重なので大切に使います。

我が家では体に負担が大きい揚げ物や油を大量に使う料理は少ないので、
そもそも油をそんなに使いません。

そうすると、油の価格は高くても使う量が相対的に少ないので
結局、経済的にはあまり変わらない形です。

本物の調味料を、大切に使う。
味付けや料理は、素材を生かしてなるべくシンプルに。

これが、無理なくオーガニックライフを続けるコツです。

普段使いの油でおススメが
鹿児島県鹿北製油さんの菜種油です。

鹿北精油は、昭和24年になたね油専門工場として鹿児島県で創業。
自社農園を持ち、そこでは無農薬・無化学肥料を原則とする自然農法を実践しています。

菜の花畑なたね油は、栽培期間中、農薬不使用

搾油方法にもこだわり
「石臼式玉締め法(玉搾り)」と「ベラー式圧搾法」という圧搾法を採用しています。
大手メーカーが採用している「溶剤抽出法」に比べると高コスト・少量生産となります。

しかし、薬品を使わないことで安心安全で
原料が持つ成分や自然の風味が生きた
美味しい食用油を製造することができます。

精製は手漉き和紙でろ過するだけで
添加物や化学薬品などは一切使用していません。

価格も1,000円以下で、
これ一本あれば3か月以上は持ちます。

何より自然にも人にも優しい油の作り手の応援にも繋がりますので
ぜひとも試してみてください!


LASHICU/らしくは九州産のオーガニック製品を扱っています。
使い手の方が増えれば増えるほど
自然にも人にも優しい生き方が広がります。

使い手(お客さま)よし
作り手(生産者)よし
伝え手(LASHICU)よし
社会(地域社会と地球環境)よし
「四方よし」の循環型商品です。
応援のほど、よろしくお願いいたします!

九州産循環型商品の一覧はこちら

川本 将登LASHICU共同代表

投稿者プロフィール

東京生まれ東京育ちの熊本県民。
休日は仲間と田んぼや畑、アウトドアを楽しむ。

柴犬と自然をこよなく愛する31歳。
熊本城下町の自宅で、夫婦でぬか床を毎日かき回しています。

趣味:テニス、田んぼ・畑、山、朝活、食べる事
特技:早寝早起き、嫌いな食べ物がないこと

こちらも併せてお読みください!!
>>https://lashicu.com/lashicu-my-mission
(「僕がLASHICUを始めたわけ。)

オーガニック玄米コーヒー「ほん和香珈琲」お客さまの声181015

輸入肉の恐ろしい実態と肉食の環境負荷のこと。本当に安心安全なお肉の選び方とは?おすすめの畜産生産者さんは?

関連記事

  1. 野菜の陰陽の簡単な見分け方とは?意外に知らない体を冷やす野菜・温める野菜。

    2018.11.13
  2. 「味噌もどき」の作られ方 毎日飲んでいるそのみそ汁、大丈夫?

    2018.09.06
  3. 身体を腸から温め内から綺麗に!究極のデトックス飲料 ほん和香珈琲(玄米コーヒー・…

    2018.07.25
  4. 輸入肉の恐ろしい実態と肉食の環境負荷のこと。本当に安心安全なお肉の選び方とは?お…

    2018.10.22
  5. 身土不二と一物全体とは?健康的に生きていくためにとても大切な考え方のこと。

    2018.11.06
  6. 知らずに発がん性物質をまいていませんか? モンサント社のラウンドアップ/グリホサ…

    2018.09.11

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

メルマガ登録

アーカイブ

follow us in feedly

LINE@友だち追加

PAGE TOP